フルコミッション型保険営業からM&A仲介企業に転職

プロフィール

K.Sさん(29)
生命保険会社の営業からM&A仲介会社のコンサルタントに転職。
500万円→510万円+インセンティブに。
転職の目的は専門性/スキルアップ。

担当コンサルタント

樋口 一成|Kazunari Higuchi

野村證券にて、経営者・事業法人へのコンサルティング営業に従事。経営者とのコミュニケーションから、経営の悩みは資金面以上に人材面にあると感じたこと、また自分自身を含めキャリアに悩むビジネスパーソンが非常に増えていることを痛感したことがきっかけとなり、当社にジョイン。

目次

仕事内容について

樋口

現在の仕事内容を教えてください。

K.Sさん

現在は、基本的には会社を売りたい方、買いたい方を探す営業がメインとなっています。

基本的には電話であったり、前職などのつてからのご紹介で、案件の情報開発をしているというのが、今のお仕事です。

樋口

ソーシングはどういった方法で、どういったところに連絡をしているのか教えていただけますか?

K.Sさん

私の場合はTSRで東京商工リサーチですとか、帝国データバンクといったもののリストをもとに連絡をしています。
私は東海地方をメインにまず郵送でハガキをお送りして、そのハガキを送った先に電話をしてサポートしてっていうのが一番多いですね。
 
また、前職で保険会社にいたので、今も働いている同僚ですとか先輩とお会いして担当されている顧客の方ですとか、身近なところで会社をどうしようか悩んでるっていう方がいらっしゃれば紹介してくださいというような面談をしたりする中で紹介をもらうことが多いです。

樋口

イメージがつきにくい方もいらっしゃると思うので、一日の流れを教えていただけますか?

K.Sさん

アポがない時は会社に来て、日中は電話をするというのがメインです。

随時アポがあれば直行することもありますし、基本的に県外も含めてアポに行くというか。

基本的にはアポに出る方がいいんですが、なかなか入らないので、そういう時は電話をしたり、お会いしにくい時間を使って進んでいる案件の資料を作るというのが最近増えてきていますね。

経歴と転職理由

樋口

これまでの経歴となぜM&A業界に転職しようと思ったか教えてください。

K.Sさん

大学を卒業した後に通信回線の訪問営業を2年間しておりまして、そこから生命保険の営業を3年間して、M&A仲介に来たという流れです。

やはりずっと成果主義で、営業をして成果に見合った報酬をいただきたいというのが軸にあります。
その上で、今までは個人の営業が主でしたが、もっと法人や社会的に大きなビジネスをやりたいと考えてM&A仲介に出会ったのがきっかけです。

活きた経験

樋口

前職の経験で活きているポイントを教えてください。

K.Sさん

飛び込みみたいなことはしていたので、本当に全くリレーションがないところに行くことも慣れてはいますし、前職で保険の紹介をもらうよりもM&A仲介の方が紹介をもらいやすいと体感で感じています。

まだまだ珍しい業種ではあるので、結構経営者の方にも紹介してもらえたりというのはありますね。
前職での経験がそういうところに活かされています。

入社から3ヶ月経過して

樋口

入社して3ヶ月ですが、順調ですか?

K.Sさん

成果としては、アドバイザリー契約を一件先日受託し、今月もう一つ仲介で売りの案件を受託予定となっています。
当社は少し特殊かもしれないですが、資金調達みたいなことも一部しておりまして、その案件も一件受託できそうなものがありますね。

樋口

三カ月でそれぐらいの成果が得られているのは、結構早いのではないでしょうか。
成果が出てきているポイントはどのあたりにあるとお考えですか?

K.Sさん

正直運が強いのかなと思っています。

やはりこの業界未経験で来た場合となると、全ての業界を見出したらきりないですし、地域も日本全国どこでもってなってくると思うんですけど、その中で自分が例えば前職でやってた近しい業種ですとか、もしくは住んでた地域っていう何かである程度絞り込むこと強みが発揮できるんじゃないかと私は考えています。

なので、地元で営業していくと、話もしやすいですし、逆に専門的な部分は業務に慣れている先輩について来ていただいてカバーしていただいてってやることで、少しでも案件の獲得が上がってくるんじゃないかと思っております。

仕事のやりがいについて

樋口

今の仕事でやりがいを感じる部分はありますか?

K.Sさん

やはり案件が決まることを想像すると、オーナー様も従業員さんも喜んでもらえるなという確信がありまして、そこがモチベーションというかやりがいになっています。

結果のインパクトも大きいので、そこもやりがいになるのかなと思っています。

仕事の大変な点

樋口

今の仕事の大変な点を教えてください。

K.Sさん

ソーシングでいいますと、やはり今は各オーナー様に色んな会社からメッセージが届いて電話もかかってきて、月に何十件も来ると鬱陶しがられています。
業界が伸びてるというのはあると思うんですが、そこをどうクリアしていくのか。

何で自分は会ってもらえるのかを考えて会いに行くのが大変でもあり、それ次第で結果が変わってくるのかなと思っています。

樋口

ソーシングの部分今までのお仕事がかなり活かされるかなと思うんですが、例えばエグゼキュレーションのフェーズではキャッチアップが大変なのかなと想像するんですが、このあたりはこの三か月間どうされたんですか?

K.Sさん

今のところは基本的に先輩と一緒に動くことが多いので、自分が自分の思うようにやってみて、先輩にチェックをしていただいて、体験しながら学んでいいます。

エグゼキュレーションに関しては、今まで電話が多かったのが急に資料作成が多くなるっていうのが最近多くて、トライアスロン感じの仕事だなと思います。
飽きないので、そういう意味ではいいんですけどね。

社内での推薦図書ですとか、定期的に月末にテストがあったりするので知識面はそこでインプットできているのかなと思います。

しかし、やはり実務を通して先輩から学ぶというのが一番多いです。
本で読んだこととニュアンスの違いもあるので、やってみるのが一番ですね。

身につく能力

樋口

今のお仕事でどういった能力が身につくのか教えてください。

K.Sさん

定量的な部分をまずお伝えしますと、少なくとも財務や税務のスキル、知識は確立されていくと思います。
また、書類作成の能力ですね。
オフィスソフトなどを使うので、スキルは伸びていくかなと思います。

定性面はありきたりかもしれませんが、オーナー様であったり、社長さんであったり、幹部以上の方とお会いするのが主な仕事なので、オーナー側の視点のマインドは身につくんじゃないかなと考えています。

ヤマトヒューマンキャピタルを利用して良かった点

樋口

ヤマトヒューマンキャピタルを利用してよかった点を教えてください。

K.Sさん

樋口さんそのものなんですが、僕は人で選んだふしがありまして。

他のエージェントさんですと内定を取ることがゴールみたいな感じで、スキルや就活テクニックは結構教えてくれるんですが、そのために求めていない提案をされたりして、とにかく内定が取れれば良いんだろうという感じでした。

しかし、スケジュールの調整ですとかそういうクロージングみたいなのは特に御社の場合はなくて、本当にやりたい業界についてしっかりと知識をいただけて、自分で考えて今の企業に決めることもできたので、すごくやりやすかったです。

キャリアプランについて

樋口

今後のキャリアプランや目標を教えてください。

K.Sさん

まずは今いる会社で、IPOを目指しているので、人生で一度はIPOを経験してみたいなと思っています。

その後に関しては、私もいずれは経営者になりたいので、例えば企業様を譲受して自分でやっていくか、ゼロイチで立ち上げるか、もしくはまずはプロ経営者さんのようなポジションで雇われ社長を一回やってみたいなと思っています。

業界はまだ絞りきれていないんですが、今の仕事をしながら今後この業界が面白そうだなっていうのが見つかれば、そういった視点で考えるかなと思います。

M&A業界を目指す方へのメッセージ

樋口

M&A業界を目指す方にメッセージをお願いします。

K.Sさん

私の場合は直感でM&Aに興味を持ったんですが、何か単純な理由でもチャレンジしてみるのはすごいいい業界かなと思います。

ビジネスの総合格闘技と言われてもいいぐらい何でもやりますし、色んなことも経験できて、色んなところに自分の成長できる可能性があるかなと思うので。

一般的には営業が天職でないと入れないようなイメージがあると思いますが、気にせずに受けてみたら良いのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!