【2022年6月更新】公認会計士の転職まとめ(年齢別評価、キャリアプラン、求人例、転職先の選定基準、転職失敗例、おすすめのエージェントなど)

転職市場における公認会計士の需要は大きく、転職先は一般事業会社の経理・財務やコンサルティングファーム、M&Aアドバイザリー、PEファンドなど幅広い選択肢があります。

本記事では公認会計士の転職事情や主な転職先、転職する際に注意したいことなど公認会計士の転職についてまとめて紹介します。

この記事でわかること
  • 公認会計士の転職事情
  • 公認会計士のキャリアプラン
  • 公認会計士の転職先求人例
  • 公認会計士の転職先の選び方

監修者

堀江大介

株式会社ヤマトヒューマンキャピタル 代表取締役
一般社団法人日本プロ経営者協会 代表理事

堀江 大介 | Daisuke Horie

野村證券、ITスタートアップ、コンサルティング業界専門の人材紹介会社を経て、ヤマトヒューマンキャピタル創業。
これまで、同領域に200名以上の方を支援した実績をもつ。
事業承継問題の解決には投資資金に加え「経営人材」を輩出するエコシステムが必要であると考え、一般社団法人日本プロ経営者協会をPEファンドパートナーと共同で設立し、代表理事を務める。

【書籍】
ポストコロナのキャリア戦略 経営×ファイナンスロギカ書房

【保有資格】
証券外務員一種
FP(ファイナンシャルプランナー)2級

目次

公認会計士の転職事情とは?

公認会計士の典型的なキャリアは大学で資格試験に合格し、新卒で監査法人に入社するというものかと思います。

そして、数年在籍しインチャージ経験を積んだ頃…このまま一生監査をするのもなぁ…企業の守りばかりではなく攻めの経営支援もしたいなぁ。あるいは事業会社で会計実務経験を積むのもいいな、投資と経営両方の経験を積めるPEファンドも良いな、と次のキャリアに悩まれる方が多いのでは無いでしょうか?

また一般企業に入社後に公認会計士試験を受験された方は、新卒監査法人組よりも年齢が高い方が多く、その後のキャリアの可能性についてご不安になられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは公認会計士のキャリアの可能性を幅広く論じてみますので参考にして頂ければ幸いです。ただキャリアは非常に個別性の高い問題ですので詳細は弊社コンサルタントへご相談いただければと思います。

弊社のキャリア支援のポイント
堀江

転職相談頂いた方にはメディア記事では書けない下記情報をお伝えします!

  1. 具体的な非公開&未経験OK求人をご紹介
  2. 内定を取り切るマンツーマン面接対策を実施
  3. 応募企業へ社長や幹部経由の特別ルートでの応募も可能
  4. 志望業界に転職できない方も、1社or2社挟んで志望業界にたどり着けるルートを伝授

\転職意思が固まる前の情報収集も歓迎/

公認会計士は転職しやすい?需要は高い?

転職市場において、公認会計士は転職しやすいキャリアの一つです。

事業会社であれば経理・財務ポジションで多くの会社が会計士を求めております。

マネジメント経験もあればCFOへのキャリアの可能性が出てきます。

あとやはり人気があるのはM&Aアドバイザリー戦略コンサルタントなど経営アドバイザリー系職種です。

そして非常にハードルは高いですが投資銀行PEファンドといった業界への転職可能性もあります。

また、これはどこまで実現可能かわかりませんがIT技術の進化により監査業務の一部がAIにより行われる可能性はあるかもしれません。

そう考えると公認会計士はただの監査業務ができるだけでは足らず、監査+aのスキルや経験を身につけたいところです。

そのようなキャリアを築くことが重要でしょう。

科目合格者の転職における評価は?

公認会計士試験では科目合格制度が採用されています。

一部の科目で優秀な成績をおさめた場合「一部科目免除資格通知書」が交付され、受験願書提出時に免除申請を行って当該科目の試験につき免除を受けることができるという制度です。

転職市場では科目合格のみであったとしても基礎的な会計素養があるとの判断をしてくれる会社も多くありますので未経験から会計、ファイナンス系キャリアをスタートできる可能性が十分あります。

求人も多く見られます。

シニアでも転職可能? 20代・30代・40代・50代年齢別転職市場の評価は?

公認会計士の転職事情は、年代によって異なります。

転職する人の年代は30代で一番多く、次に20代、40代以降と続きます。

転職の時期は公認会計士に合格した年齢でも変わりますが、未経験業界への転職を行なう場合は20代半ばから30代前半くらいまでであれば投資銀行、M&Aアドバイザリー、M&A仲介、事業再生、事業会社財務、一部のファンドなどでポテンシャル採用の求人があります。

30代中盤以降になると一部のコンサルやFAS、事業会社などに選択肢がせばまるでしょう。

あとは30代中盤以降になると年収が1,000〜1,500万円程度の方もでてきますので年収の問題で転職先の選択肢がなくなってくる傾向にあります。

スタートアップの面白そうなポジションで内定が出たが、年収を300万円下げてはいけないな、、、と考えている内に監査法人でも一定の役職になりまあこのまま勤め上げるのも良いかと、転職されない方も多いのが実情ではないでしょうか。

公認会計士は最強の資格?社会人からでも資格取得を目指すべき人の特徴は?

公認会計士の受験生は増加傾向にあり、その内社会人の割合は3割程度と、少なくありません。

社会人で公認会計士を目指す方の動機は、「会計業務に関心がある」「将来のキャリアに不安を感じたため」「会計プロフェッショナルというステータスに魅力を感じる」などさまざまです。

公認会計士の資格取得には膨大な学習量が必要で、仕事と両立させながら合格するのは容易ではありません。

会計や事業経営の専門家としてのキャリアを切り開かれたい方にはお勧めの資格です。

公認会計士の魅力は、監査法人やCFO、PEファンドなどのファイナンスプロフェッショナルとしてのキャリアパスを得られることですが、意外と気づかれていない魅力にジョブセキュリティの高さがあります。

監査法人は常に人手不足の状態ですので金融プロフェッショナル職やスタートアップ、起業などリスクの高いキャリアに挑戦して仮にうまくいかなかった場合も監査法人へはいつでも戻れます。

そういう意味で公認会計士の資格はくいっぱぐれのないキャリアといって良いでしょう。

公認会計士のよくあるキャリアプランとは?

公認会計士のよくあるキャリアプランは下記のようなものです。

  • 監査法人でパートナーを目指す
  • コンサルやM&Aアドバイザリーなどプロフェッショナルファームで活躍する
  • 事業会社のCFOを目指す
  • 会計事務所を立ち上げる
  • PEファンドなど投資会社で活躍する

まず、監査法人やアドバイザリーなど外部プロフェッショナルキャリアか、CFOなど事業会社の幹部を目指すか。

プロフェッショナルキャリアなら監査法人か、M&Aなどファイナンスプロフェッショナルか、戦略コンサルや事業再生など会計を強みとした経営コンサル職のいずれが志向性に合致するかを考えてみてはいかがでしょうか。

あとは組織人としてプロフェッショナルを目指すか、独立志向か、ファンドなど投資家志向か、このあたりを考えると概ね、会計士のキャリアを網羅的に考えたことになるのではないでしょうか。

あと起業家タイプではないが社長業を行いたいということであればプロ経営者という道もあります。

昨今はファンドの投資先社長や事業承継の後継者社長ポジションなど起業以外の方法で社長になる方法が増えておりますので、ご検討頂いても良いのではないでしょうか。

弊社のキャリア支援のポイント
堀江

転職相談頂いた方にはメディア記事では書けない下記情報をお伝えします!

  1. 具体的な非公開&未経験OK求人をご紹介
  2. 内定を取り切るマンツーマン面接対策を実施
  3. 応募企業へ社長や幹部経由の特別ルートでの応募も可能
  4. 志望業界に転職できない方も、1社or2社挟んで志望業界にたどり着けるルートを伝授

\転職意思が固まる前の情報収集も歓迎/

公認会計士の資格取得後の主な転職先と求人例は?

公認会計士は転職先の選択肢が多いのが特徴です。

独占業務である監査法人をはじめ、アドバイザリーファームや事業会社など、前職の経験や専門スキルに応じてキャリアを選ぶことができます。

公認会計士の主な転職先や求人例を見ていきましょう。

事業会社(経営企画/M&A)

大手事業会社やスタートアップの経営企画ポジションは会計士に人気の職種の一つです。

会計バックグラウンドを活かして未経験からM&A担当業務に従事できるケースもあります。

プライム市場上場の日大手電気通信会社

報酬:600〜1,700万円 ※月給+賞与+特別加算賞与

ポジション:経営企画

業務内容
・パートナー企業の発掘や協業検討とM&Aを含めたパートナーシップ形成
・協業契約条件の交渉窓口、契約書作成の交渉のリード
・契約クロージングまでのプロジェクトマネージメント
自由な社風と事業の多様性に強みがある成長有名メガベンチャー

報酬:700万円~1,100万円 + exitボーナス

ポジション社長直下M&A、買収企業の経営ポジション

業務内容
M&Aの実行、社内新規事業開発、買収企業の事業再生など
社内コンサル的に立ち回り様々なプロジェクトを推進
Web上でギフトを送る事の出来る有名事業を展開する急成長ベンチャー

報酬:550万円〜800万円(月給+賞与)

ポジション経営企画 M&A担当

業務内容
・M&A戦略の策定、実行
・投資案件、アライアンス先の発掘および選定
・対象企業の調査、分析、評価
・対象企業へのアプローチ、交渉
・PMI計画の策定、実行

事業会社(経理/財務部)

事業会社の経理/財務部は、転職先として人気の高いポジションです。

これまで監査法人などで培ってきた会計の知識を活かせるだけでなく、税務や予算編成など、さまざまな経験を積むことができます。

経理/財務部の仕事は業務量をある程度予測でき、ワークライフバランスを図りやすいのもメリットです。

リース業をはじめ銀行やクレジットなどの金融サービスを展開する日系大手企業

報酬:
・アソシエイトクラス:500万円~900万円
・マネージャークラス:1,000万円~1,200万円

ポジション:ご経験とスキルに応じて、下記業務内容のいずれかを担当

業務内容
【グループ経理】
・決算
・税務

【事業経理】
・M&A案件事前対応
・グループ会社指導/支援/管理
・部門支援

【グループ経理統括】
・会計処理の統括/管理
・経理ガバナンス

ベンチャー企業CFO

IPOを目指すベンチャーのCFOや管理職も人気職種の一つですね。

数年以内にIPOを目指すIT系スタートアップベンチャー

報酬:1,000〜2,000万円程度+SOの可能性

ポジション:CFOポジション

業務内容
・上場に向けた一連のCFO関連業務
・金融機関との折衝
・資金調達
・社内の管理体制の強化 など
AI×M&A!IPO直前、M&A×テクノロジーで急成長するM&A仲介スタートアップ

報酬:600万円 ~1,500万円

ポジション:CFO創業メンバーポジション

業務内容
定型的な業務はなく
・ファイナンス戦略の立案
・実行
これらの業務を通じて、「企業価値を増大させる」ことがミッション

監査法人

まずは、監査経験を積んでからキャリアを考える、あるいは一旦監査法人キャリアに戻って今後について考えられるのも手ですね。

世界最大級のプロフェッショナルサービスファームの日本法人

報酬:600〜900万円程度 ※アソシエイト・シニアアソシエイト

ポジション:金融規制アドバイザリー担当

業務内容
メガバンクをはじめとした金融機関の規制対応に関するアドバイザリー業務
オペレーションナルリスクをはじめとした定性綿のリスクアドバイザリー業務に加え、自己資本規制に対応しているかのチェック・数字計算等を行う

PEファンド

投資ファンドのひとつ、PE(プライベートエクイティ)ファンドも公認会計士の転職先として人気です。

中小~中堅企業を対象に投資を行うバイアウトファンド

報酬:現収考慮(ベース700~900万円程度+賞与数百万+エグジットボーナス)

ポジション:創業メンバー、キャピタリストポジション

業務内容
投資関連の一連の業務
・投資検討~実行
・案件のソーシング、デューデリ、PMI
・LP対応 など
泥臭くオーナーと向き合いながら経営再建、事業承継を推進する能力に長けているPFファンド

報酬:ベース給料+exitボーナス ※ベース700万円~1200万円程度

ポジション:キャピタリスト ※アソシエイト~プリンシパルクラス

業務内容
経営再建、事業所系など投資関連の一連の業務・投資検討~実行
案件のソーシング、デューデリPMI業務
LP対応 など

VC(ベンチャーキャピタル)

スタートアップの経営支援への関心からベンチャーキャピタルを希望される公認会計士も増えています。

有名起業家が率いる、業界問わず次世代を担うスタートアップ企業に投資活動を行うベンチャーキャピタル

報酬:600~1,000万円+exitボーナス(ファンド収益の3%をメンバーに分配)

ポジション:キャピタリストポジション

業務内容
・新規投資先開拓、及び既存投資先への経営/事業開発支援
・投資先の財務分析及びKPI分析、経営チーム評価
・スタートアップ成長市場調査
・投資先社外取締役としての、経営戦略づくり・組織構築・IPO準備支援
大手生命保険会社をグループに持つベンチャーキャピタル

報酬:800-900万円程度

ポジション:キャピタリストポジション

業務内容
ベンチャー企業のソーシングからエグゼキューション(投資実行)までの一連の業務及び投資後の育成、バリューアップ

戦略系コンサルティングファーム

まだまだ人気の衰えないキャリアの一つが戦略コンサルですね。各社どこも以前に比べると採用ハードルが下がってきていますので少し狙いやすくなった印象です。

世界最高峰の経営戦略に特化したコンサルティングファーム

報酬:年棒 800万~1300万円程度

ポジション:コンサルタントポジション、経営戦略コンサルタント(コンサルクラス)

業務内容
コンサルティングスタッフとして、
・クライアント(大手企業)の経営課題解決のためのPJに従事
・大手企業向けのコンサルティング業務
・組織や構造改革
企業の成長支援を中心にM&Aアドバイザリー、新規事業開発、事業再生案件まで幅広く行うハンズオンコンサルティングファーム

報酬:コンサルクラス:ベース500万~800万+変動ボーナス20%から40%程度
シニアコンサルクラス:ベース900万~1100万+変動ボーナス20%から40%程度

ポジション:コンサルタントポジション

業務内容
ハンズオン型経営コンサルティング
・クライアント企業に対する事業戦略構築
・事業開発
・M&A等の支援・再生の支援等

事業再生コンサルタント

財務と事業双方のスキルをバランスよく高めることができ、経営の現場を嫌というほど経験できる点において事業再生コンサルタントは会計士にとって魅力的なキャリアの一つでしょう。

また、フリーのCFOして複数の会社の経営サポートを行う形で独立される方も多いのが事業再生コンサルタントキャリア。将来独立を目指す方にもお勧め。

世界最大級のプロフェッショナルサービスファーム

報酬:年棒 800~1,200万円程度

ポジション:再生コンサルタントポジション、経営戦略コンサルタント(コンサルクラス)

業務内容
クライアントの事業再生・再編に関わる支援全般
・経営戦略・事業戦略・成長/撤退戦略、M&A戦略の策定
・ビジネスデューディリジェンスの実施・再生計画、業務改善施策の策定及び実行支援
・ステークホルダー向け交渉支援(取引金融機関、株主や債権者等)
・国内及びクロスボーダーのM&A、グループ子会社再編等のディール戦略策定及び実施支援
FAS業務だけでなく、ビジネスコンサルティングまで行えるプロフェッショナルファーム

報酬:600~1,000万円程度

ポジション:コンサルタントポジション

業務内容
・M&AにおけるFA業務(バイサイド・セルサイド両面)
・ファンド運営
・事業再生に伴う各種業務(課題のヒアリング、財務DD、スキーム構築・選定、実行支援)
・銀行に対するコンサルティング(銀行の中計・営業プロセス作成、再編計画策定等)

M&Aアドバイザリー

M&Aアドバイザリー職も公認会計士に人気のキャリアのひとつです。

顧客コミュニケーションを行いつつ、案件全体をマネジメントするFAか財務DDやモデリング、バリエーションなどエグゼキューションの専門家を目指すか、好みがわかれるところです。

世界最大級のプロフェッショナルサービスファームの日本法人

報酬:
・シニアアアナリスト(シニアスタッフ):700万~900万前後
・ヴァイスプレシデント(マネージャー):Base:900万~1,200万+ボーナス

ポジション:
1)ファイナンシャルアドバイザリーポジション
2)財務DD担当
3)再生業務ポジション

ファイナンスアドバイザリーポジションの業務内容
・M&A戦略策定支援
・M&A候補先企業の発掘
・M&A実行ストラクチャーの策定支援
・M&Aプロセスにおけるプロジェクト・マネジメント
・M&A候補先企業との交渉支援
・デューディリジェンスの実行支援
財務DD担当の業務内容
・財務デューデリジェンス
・会計ストラクチャー助言業務
・カーブアウト財務諸表作成支援等の売却支援業務
・財務モデリング業務
・財務、会計領域に係るポストマージャーインテグレーション(経営統合)支援
再生業務ポジションの業務内容
・再生計画・スキームの策定支援の為の補助業務
・財務リストラクチャリングを含む再生計画実行支援時の資料作成業務
・事業/オペレーション/人事/システムなどを含めたビジネスのリストラクチャリング支援 計画案作成業務
・金融機関調整のための資料作成補助業務
・法的整理に伴う支援に対する計画案作成業務

投資銀行

監査経験のみの公認会計士が直接外資系投資銀行へ転職することは難しいですが、日系投資銀行ですとちらほら転職される方を見かけます。

野村證券やメガバンク系證券の投資銀行部門へのキャリアも人気の職種です。

国内証券の投資銀行部

報酬:1,100万円程度

ポジション:上場企業担当RM、経営戦略コンサルタント(コンサルクラス)

業務内容
・上場企業ファイナンス案件ソーシング業務(PO、ワラントなど)
・M&Aオリジネーション業務
・資本政策コンサルティング業務
大手国内証券の投資銀行部

報酬:1,000万円~1,500万円程度

ポジション:アソシエイトポジション

業務内容
・M&AにおけるFA業務(バイサイド・セルサイド両面)
・ファンド運営
・事業再生に伴う各種業務(課題のヒアリング、財務DD、スキーム構築・選定、実行支援)
・銀行に対するコンサルティング(銀行の中計・営業プロセス作成、再編計画策定等)
弊社のキャリア支援のポイント
堀江

転職相談頂いた方にはメディア記事では書けない下記情報をお伝えします!

  1. 具体的な非公開&未経験OK求人をご紹介
  2. 内定を取り切るマンツーマン面接対策を実施
  3. 応募企業へ社長や幹部経由の特別ルートでの応募も可能
  4. 志望業界に転職できない方も、1社or2社挟んで志望業界にたどり着けるルートを伝授

\転職意思が固まる前の情報収集も歓迎/

公認会計士の転職先を選ぶ際の基準とは?

自分に合っているキャリアはどのようなものか?どんな業界が向いているのか?若手会計士ですとキャリアの方向性に悩む方も多いのではないでしょうか。

下記観点で考えると方向性が見えてきますので参考にして下さい。

1.アドバイザリー志向か事業会社志向か?

事業会社で自社の経営や事業に関わりたいか、他社の会社の支援をしたいか。

ここで大きくキャリアの志向性が分かれます。

プロフェッショナルとして生きるか、自社の事業経営に関与したいか考えてみてください。

2.ハードワーク高年収かそこそこの年収でまったり志向か?

まれに高年収まったりという求人もありますが稀です。

ハードワークで高年収を求める方はアドバイザリー系職種がお勧めですし、まったりならやはり大手事業会社管理部門でしょう。あとは独立して、両方取りにくいく手も、、、

3.エリートサラリーマンか経営・独立志向か?

エリートサラリーマン志向の方は、上記1と2をもう一度検討下さい。

経営・独立志向の方は、フリーのコンサルタント独立や会計事務所立ち上げ、スタートアップCFO、起業、プロ経営者などどのような経営者あるいは独立をしたいか考えてみてください。

公認会計士も転職に失敗する?

一般的な転職と同じく、公認会計士の転職でも失敗例はあります。

転職に失敗しないためには、実際にあった失敗例を把握し、同じような失敗をしないように対策を立てるとよいでしょう。

よくある失敗には、求人票に書かれているのと実際の業務内容が違った、期待していたようなスキルが積めなかったなどがあげられます。

どのような失敗例があるのか、具体的に見てみましょう。

転職の失敗例とは?

転職の失敗例には、以下のようなものがあげられます。

  • 思うようなスキルが積めなかった
  • 想定よりもかなり残業が多かった
  • やりたい仕事内容ではなかった
  • 教育制度が整っていなかった
  • 人材の質の低い会社だった

転職先の業務内容や職場環境についてよく調べなかったために、入社してから思うようなスキルが積めなかったり、アンマッチな職場だったといういうケースがあります。

残業が少ない、ワークライフバランスを重視すると求人票でうたっていても、実際はそうでなかったりといろいろな失敗例があります。

転職に失敗しないための対策とは?

転職に失敗しないためには、転職先の業務内容や実際に携わる仕事をよくリサーチすることが大切です。

信頼できるエージェントに確認する、オファー承諾前に現場の社員と話をする機会をつくり徹底的に質問をする、外部の評価サイトを確認するなどできることは入社前に行いましょう。

ただし、最終的には選んだ選択を正解にするという自身の覚悟も大切ですのでその点も意識してみてください。良い会社はない、良い会社は自分が作るということですね。

公認会計士が転職するときに注意したいこととは?

公認会計士が転職する際は、長期的なキャリアプランを考えて進めることが大切です。

公認会計士を目指した理由を今一度振り返り、原点に帰ってプランを考えましょう。

そしてどのようなキャリアのパターンがあるのか情報収集し、自身の志向性のあるゴールをイメージしながらキャリアプランを作りましょう。

専門の転職エージェントを選ぶ

転職活動には、自身が関心の強い業界への転職支援が得意な転職エージェントを選びましょう。

転職エージェントに登録すると専任の担当者がつき、キャリアコンサルティングや理想のキャリアに近づくための求人ポジションの提示、内定を獲得するための面接対策などを行っています。

弊社ヤマトヒューマンキャピタルではこれまで多くの公認会計士をM&A業界、PEファンド、VC、コンサル、CFO、といった領域へ支援してきました。

非公開求人も多数御座いますので是非ご相談頂ければと思います。応募する企業の内情もお伝えしますので、採用後のミスマッチも防げるようサポートさせて頂きます。

弊社のキャリア支援のポイント
堀江

転職相談頂いた方にはメディア記事では書けない下記情報をお伝えします!

  1. 具体的な非公開&未経験OK求人をご紹介
  2. 内定を取り切るマンツーマン面接対策を実施
  3. 応募企業へ社長や幹部経由の特別ルートでの応募も可能
  4. 志望業界に転職できない方も、1社or2社挟んで志望業界にたどり着けるルートを伝授

\転職意思が固まる前の情報収集も歓迎/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!