証券会社からの転職のポイントまとめ<br>求人例・評価ポイント・転職事例などを解説

証券会社からの転職のポイントまとめ
求人例・評価ポイント・転職事例などを解説


証券会社や銀行でリテール営業を行う方々は、外から見ると大手金融機関に所属し、順風満帆なビジネス人生を送っているように思われることもありますが、内実多くのキャリアの悩みを抱えている方が多いのが実情かと思います。

  • 総合職的な業務が多く、これといった「専門性が身につかない」
  • 経営者や富裕層などレベルの高い方を顧客としているものの、本当は「経営者への営業」ではなく「経営やファイナンス」そのものに関わりたい
  • 「投資商品を売る」ことではなく「投資家サイド」の業務を行いたい(PE,VC,ヘッジファンドなど)

そのようなキャリアの悩みをどのように解決すれば良いか、証券リテール営業経験を活かしどのようにキャリアを切り開けばよいか、具体的にどのような転職可能性があるかといった点について解説していきたいと思います。

証券リテール営業マンが抱えるキャリアの悩み

これまで数百名の証券・銀行のリテール営業職の方からキャリアの悩みをお伺いしてきましたが、おおむね下記のようなテーマの相談が多いように感じます。

皆さんはいかがでしょうか?「あ~これとこれは自分と同じだ…」というものも多いのではないでしょうか。

  • どのような社会になってもサバイブできる競争力のあるキャリアを作りたい
  • もっと成果に応じた報酬制度のある会社で働きたい
  • ジェネラリストではなくスペシャリストのキャリアを目指したい
  • 単純な営業ではなくもっと頭を使って仕事がしたい
  • キャリアの先が見えてしまい、漠然とした物足りなさを感じる
  • 自立したキャリアを作りたいが現在のキャリアの延長線上にそれはない
  • 現在所属する会社、あるいは業界の未来が不安である
  • キャリアの先が見えてしまった。目の前の上司の姿に憧れを感じない
  • 年収を倍増させたい
  • 転勤のない、または首都圏で働きたい
  • 顧客の為になる商品・サービスを扱い、感謝される仕事がしたい
  • 将来の起業に繋がる経験を積みたい

また、その他ネガティブな理由として以下のようなお話もお伺いします。

  • 誰のための仕事かわからない、見えない
  • 人や信頼を消費、すり減らしている感覚がある
  • 毎日ある叱責や詰めがしんどい

20代~30歳過ぎくらいまでであれば、多様な業界へのキャリアチェンジの可能性が残されておりますので、上記などのキャリアのお悩みがあればお気軽にご相談下さい。

なお、リテール営業職は総合職的業務が多く一般的に専門性がつきにくい職種であるため、年齢を重ねると転職先の幅が極端に狭くなりますのでご注意下さい

転職するしないは別にできれば20代のうちに一度はキャリアのご相談を頂くことをお勧め致します。

【転職市場/評価ポイント】証券会社や銀行リテール営業職

ここでは証券会社や銀行でのリテール営業職キャリアの転職市場での評価ポイントを解説していきます。

基本的には何らかの経営、ファイナンス関連の経験・スキルをお持ちの方を採用対象としておりますが、チームや年齢によっては未経験者採用枠もございます

1)新規開拓営業力

金融商品という無形かつ顕在的なニーズの少ない商材を新規のお客様に購入頂くという仕事は、to C(個人顧客)向けの営業の中では難易度の高い仕事であるというのが転職市場での一般的な認識です。

その点において無形商材を扱う業界の営業職系の求人での評価は高い傾向にあります。

一方で一定規模以上の法人向け営業(オーナー個人への営業は該当しない)と比較すると、どうしても「課題解決型提案力」や「ステーホルダーの調整力」、「提案資料の作成能力」などの観点で見劣りする部分はあります。

2)経営者など意思決定者とのコミュニケーション能力

経営者など意思決定者とのコミュニケーションが多い点はリテール営業職が評価されるポイントです。

中小企業オーナーや開業医などコミュニケーションの難易度高い方々との折衝経験を活かした転職をされる方が多い傾向にあります。

3)目標達成能力

証券業界は以前ほどではないとはいえ、営業目標に対するこだわりの強い業界でありそのようなタフな環境で営業目標を達成してきた方は転職市場でも評価されるでしょう。

ベーススキルに専門能力を付加せよ!

これまで見てきたようにリテール営業職の評価ポイントは、営業力や折衝能力など総合職(ジェネラリスト)的な評価が中心です。

これらの能力は極めて重要なのですが単体ではあまり力を発揮しない傾向にありますので「専門性」との掛け合わせでキャリアを切り開かれることをお勧めしたいと思います。

(例)

  • 営業力×M&A=超高級を稼ぐトップM&Aバンカー
  • 営業力×事業分析、財務分析力=案件獲得力の高いPEファンド/ファンドマネージャー
  • コミュニケーション能力×ファイナンスや会計=組織を牽引するリーダーシップのあるCFO

証券リテール営業からの転職実績(PEファンド、海外M&Aバンカー…など)



■外資系ファイナンス会社からプライベートエクイティファンドへ転職したケース

以下のような背景から、新卒証券リテール→外資系ファイナンス会社→プライベートエクイティファンド(地方創生/事業再生ファンド)への転職を実現したケースがございます。

  • 金融業界での経験を活かしつつセルサイドからバイサイドにキャリアチェンジしたい
  • 将来は地元の地域復興に貢献したい
  • 将来の独立も視野に入れて、タフな環境だが力のつく組織で働きたい

弊社より、地方創生や事業再生をテーマとしたプライベートエクイティファンドをご紹介し、M&Aアドバイザリーやバリューアップなど直接ファンド業界で活かせる経験をお持ちではなかったため、下記二点の対策に注力しました。

  • 経営者へ営業経験やリースファイナンスの知見を抽象化し、ファンド業務に活きるスキルセットを抽出
  • 「なぜPEファンドで働きたいのか」を明確に言語化し、思いの強さからキャッチアップの速さをPR

結果的に内定獲得に至り、未経験の業務であったため、入社から半年程度は苦労するも業界への想いの強さからキャッチアップに成功し、入社2年間で2本の事業再生型投資案件と事業承継型投資案件に関与し、最速でヴァイスプレジデントに昇格されました



■日本と東南アジアを飛び回るクロスボーダーM&Aバンカーに転職したケース

以下のような背景から、日系大手証券会社→M&Aアドバイザリーファーム(海外M&A担当/ベトナム、タイ)への転職を実現したケースがございます。

  • 新卒就職活動時からM&Aアドバイザリー業務への憧れがあり現職を選んだが、当該部署への配属可能性がなさそうである為ご相談に来られる
  • タイやベトナムへの旅行が趣味で、現地の知人と事業を行い東南アジアと日本の架け橋になるという夢がある
  • まだ日本人が誰もチャレンジしていないような新規性のある事業領域にチャレンジしたい

弊社より、東南アジアM&Aチームの強化を目指す老舗M&AブティックのクロスボーダーM&Aチームのポテンシャル採用枠をご紹介し、業界未経験であったため、下記二点の対策に注力しました。

  • 業界未経験であるため、業界経験以外でPR可能な英語力と経営者への提案力にフォーカスしてPR
  • 繰り返し現地を訪れることでベトナムやタイの文化性を深く理解している点もPR

結果的に内定獲得に至り、研修終了後早速ベトナム出張の日々が続き、入社から一年後、念願のベトナムと日本のクロスボーダーM&Aの成約にこぎつけました。

現在はベトナムで開催される日越ビジネスイベントの企画やタイで現地人向けのセミナー講師を務めるなど活躍の幅を広げられております。

証券リテール営業から専門職あるいは経営人材へのキャリアの作り方

言葉にすると単純なのですが、まずは未経験者採用を行っている財務系アドバイザリー、M&Aアドバイザリー、事業再生、経営コンサルといった、いわゆるアドバイザリー・コンサル系職に転職し、ファイナンスや経営の専門能力を身に着けることがスタートです。

その上で、投資サイド(バイサイド)へ進みたい方はPEファンドやVCへキャリアを進められる可能性もありますし、プロ経営者や起業家を目指すのも良いでしょう。はたまた事業会社の経営企画や投資担当といったコーポレート部門で経営者ではないが事業を動かす立場を目指すのもよいでしょう。

では実際に上記のようなアドバイザリー系職種で未経験者採用を行っている企業がどのくらいあるのでしょうか。

意外とどこも未経験者採用をしてますよ、という程甘くはありませんが、可能性は0ですと言うほど厳しくはありません。

ここで全てをお話することはできませんが、弊社には未経験者からファイナンスや経営のプロフェッショナルを目指せる求人も複数ありますので、お気軽にご相談頂ければと思います。共にキャリアを切り開きましょう。

証券リテール営業職がよく転職する業界は?

ここでは証券や銀行のリテール営業職が良く転職する業界をご紹介します。

■M&A仲介コンサルタント

昨今話題の事業承継型M&Aを支援するコンサルタント職です。

非常に年収が高い点が特徴で弊社から支援した100名近い候補者から何名を数千万円~億円プレイヤーが誕生しています。

最近では「事業承継」だけではなく「事業の集中と選択」や「成長支援型M&A」案件も増えてきておりますます注目が集まってきています。


■M&Aアドバイザー/バリエーション

ファイナンシャルアドバイザリー職やバリエーションなどを行う専門職は以前から金融業界出身者には人気の高い職種です。

これらの経験を積んでPEファンドや事業会社のM&A担当などのバイサイドに転職する方も多い人気職種です。

一部ですが未経験者採用を行っている企業があります。


■事業再生コンサルティングファーム

経営における財務と事業双方を学べる稀有な職種です。

経営の行き詰った企業を金融機関と共に立て直すターンアラウンドマネージャー職として有名です。

こちらもM&Aアドバイザリー職と同じく一部未経験者採用を行っているファームがあります。

経営実務を短期間で学べますので、ファンド投資先経営者やフリーのコンサルタント、CFOなど多様なポストキャリアの可能性があります。

■戦略系・総合系コンサルティングファーム

これらのファームは基本的に未経験ポテンシャル採用を行っているのですがファームによって学歴要件が非常に高かったり、英語要件が厳しかったりと様々です。

また総合系ファームでは経営(戦略)コンサル案件に必ず従事できるわけではなく業務コンサルやITコンサル案件も多いため、そちらの領域への関心のある方には特にお勧めの業界です。

■スタートアップ、成長企業の営業ポジション

これらの企業は、有力なプロダクトやビジネスモデルが確立し始めたタイミングで一気に市場を獲得するために営業人材を大量採用するケースがあります

そのようなタイミングで金融系営業職が多く転職することがあります。

また無形商材の営業力が高い方が多いためメーカーなどの有形商材ではなく無形商材の営業職の方が採用可能性が高い傾向にあります。

■日系投資銀行ポテンシャル採用枠

こちらは多くはないのですが稀に日系証券会社の投資銀行部門やM&A部門で未経験ポテンシャル採用を行うケースがあります

このタイミングにうまくはまればIBバンカーとしてのキャリアを作れる可能性があります。

■金融営業(リテール・保険・IFA)

これは同業転職に近いのですが、若干商材を変えたり、報酬体系を変えて近しい商材を販売することになります。

フルコミッションの生命保険会社やIFAなどがそれに当たります。

商材や顧客はそのままで働き方や報酬体系を変えたい方に人気があります。

100%網羅できているかは分かりませんが概ねこのあたりがリテール営業職の方の転職パターンではないでしょうか。

皆様の周りの方の転職事例と比較して違和感ありますでしょうでしょうか。

上記のような業界にどうすれば転職できるのか、現在具体的どのような求人があるのか等、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

証券リテール営業からの転職におすすめな求人例

  • 業界大手M&Aブティック
    M&Aコンサルタントポジション(未経験可)

    • 報酬固定+業績賞与8%+着手金(受託)件数に対する
      インセンティブ1件5万以上
    【業務内容】
    ・ディールアドバイザリー業務 (クロスボーダー含む)
    ・中堅/中小企業のM&Aに関する一連の業務
    ・情報の開拓/相談受付/提案/企業評価/マッチング/契約書案作成/条件調整/クロージング等の全てのステージ
  • 日系大手証券のM&Aアドバイザーポジション

    • 報酬450~600万円程度+想定残業代100-120万円程度/年+インセンティブ
    【業務内容】
    M&Aアドバイザリーに関する一連の業務
    ※案件は銀行などからの紹介が多いbr />・各種ドキュメンテーションや企業価値評価サポート
    ・各種条件交渉、クロージングに向けたサポート など
  • 日系大手証券の投資銀行ビジネス部門
    投資銀行業務ポジション

    • 報酬400万円~
      ※現収給料程度を加味して応相談
    【業務内容】
    ・上場企業ファイナンス案件ソーシング業務(PO、ワラントなど)
    ・M&Aオリジネーション業務
    ・資本政策コンサルティング業務
  • 経営人材輩出多数の日本を代表する事業再生ファーム
    未経採用ポジション

    • 報酬500~700万円+業績賞与
    【業務内容】
    ・事業財務デューデリジェンス
    ・事業計画策定
    ・事業再構築/経営管理体制構築支援
    ・経営アドバイザリーサービス
  • マーケティング、IT、ファイナンスなどを駆使した経営支援を提供する自己資金投資も行うコンサルティングファーム/ポテンシャル採用ポジション

    • 報酬・アソシエイト24~27歳:400万円~
      ・シニアアソシエイト 27~32歳:700~900万円
      ・マネージャー 30歳~35歳:1,000万円~
    【業務内容】
    一連のコンサルティング業務
    ・経営の受託や支援
    ・経営/戦略/業務コンサルティング
    ・デジタル/ITコンサルティング
    ・事業会社の運営
    ・将来的に事業投資 に関われる可能性もあり
  • AI技術をコアとして企業のDXを実現させる急成長ベンチャー/セールスコンサルタントポジション

    • 報酬最低ベース600万円+インセンティブ
      *ベースランク、インセンティブランクがそれぞれ5段階にて設定
      *ベースの幅:600万円-1,300万円
    【業務内容】
    コンサルティング内容の設計、提案、プロジェクトマネジメント
    ・DX案に対する投資対効果や技術的な実現性の指南
    ・クライアントのリテラシー教育を行いながらプロジェクトに伴走
    ・アイディア出し戦略立案から社員、役員を巻き込み有望なDXテーマを抽出し実現化

豊富な経験をもつキャリアアドバイザーが
親身にキャリア相談に乗ります

代表取締役 堀江大介
堀江大介DAISUKE HORIE
linkedin

野村證券、ITスタートアップ、コンサルティング業界専門の人材紹介会社を経て、ヤマトヒューマンキャピタル創業。これまで、同領域に200名以上の方を支援した実績をもつ。
事業承継問題の解決には投資資金に加え「経営人材」を輩出するエコシステムが必要であると考え、一般社団法人日本プロ経営者協会をPEファンドパートナーと共同で設立し、代表理事を務める。

谷口尚輝
谷口尚輝NAOKI TANIGUCHI
linkedin

神戸大学卒業後、SMBC日興証券、経営実行支援型ファームであるAPI Consultantsを経て、企業の成長は『人材』が最も重要な要素である事を肌で感じ、当社創業時にジョイン。
経営コンサルとM&A業務経験を活かし、業界の実情をお伝えすることで候補者様の理想のキャリアの実現を目指す。

樋口一成
樋口一成KAZUNARI HIGUCHI
linkedin

野村證券にて、経営者・事業法人へのコンサルティング営業に従事。経営者とのコミュニケーションから、経営の悩みは資金面以上に人材面にあると感じたこと、また自分自身を含めキャリアに悩むビジネスパーソンが非常に増えていることを痛感したことがきっかけとなり、当社にジョイン。

高久太志
高久太志FUTOSHI TAKAKU
linkedin

岡三証券取締役であった祖父に憧れ同社へ入社。その後、リクルート、M&A仲介会社を経て弊社ジョイン。経営において人材のスキルや経験を活かしきれていない状況が、”企業”はもちろん”ビジネスパーソン”の成長を妨げるボトルネックであることを痛感。候補者様の力が最大限発揮され理想のキャリアにつながる”適材適所”を意識した転職支援がモットー。

小林賢一郎
小林賢一郎KENICHIRO KOBAYASHI
linkedin

青山学院大学を卒業後、大日本印刷株式会社にて大手飲料メーカーを担当し、商品の販売促進のための提案型営業に従事。その後、プルデンシャル生命保険株式会社に転職し、企業経営者向けの生命保険の提案営業力を活かし約4,000名中上位4%の成績を残す。経営者との業務経験から事業の盛衰は「人材」による所が大きいと感じ、当社にジョイン。 

長坂有浩
長坂有浩ARIHIRO NAGASAKA

慶応義塾大学法学部卒。これまで、三菱UFJ証券、JPモルガン証券にてM&A、IPO支援業務を経験、海外MBA取得、クラウドファンディング会社創業、起業家支援業務立ち上げなどを経験。

この記事を監修した人

堀江 大介 | Daisuke Horie

ヤマトヒューマンキャピタル株式会社 代表取締役

一般社団法人日本プロ経営者協会 代表理事 公式HP

野村證券、ITスタートアップ、コンサルティング業界専門の人材紹介会社を経て、ヤマトヒューマンキャピタル創業。
これまで、同領域に200名以上の方を支援した実績をもつ。
事業承継問題の解決には投資資金に加え「経営人材」を輩出するエコシステムが必要であると考え、一般社団法人日本プロ経営者協会をPEファンドパートナーと共同で設立し、代表理事を務める。

【書籍】
ポストコロナのキャリア戦略 経営×ファイナンス(ロギカ書房)
Amazonキャリアデザイン/資格・就職カテゴリー売れ筋NO.1(2021年1月)


転職相談 / 個別相談のお申込みはこちら
転職相談 / 個別相談のお申込みはこちら
  • - 金融業界出身者をはじめ業界に精通したコンサルタントがキャリアアップを支援
  • - 転職可能な業界を幅広くカバー
  • - 1,000名以上のキャリアアップ支援実績
転職相談 / 個別相談の
お申込みはこちらから

M&A・ファンド業界支援数No.1の選考対策力
オンライン/電話、経歴書類なしで相談可