big4FASからM&A仲介会社へ転職した会計士

big4FASからM&A仲介会社へ転職した会計士

これまでのご経歴と、現在の仕事内容を教えてください。

大学在学中に日本の公認会計試験に合格し、新卒で入社した大手監査法人でメガバンクの監査を約7年経験、グループ内のFASに出向の形で企業再生コンサルティングを1年弱経験した後、現在のM&A仲介会社に転職しました。
現職ではM&Aアドバイザリーに従事しており、事業承継ニーズを開拓し、事業承継・成長戦略の一環としてのM&Aの支援をしています。また、新しい取り組みとして、事業再生企業と提携し、今まではお断りせざるを得なかった赤字や債務超過の企業様の事業承継支援やスポンサー探しもできるようになりました。今までお見送りしていた案件でも、一つずつ優良な案件として我々がお役に立てる、拡大余地のあるビジネスだと思います。

なぜM&A業界に転職しようと思ったか教えてください。

前職は複数名のチームで大きな仕事を行うというケースが多かったのでやりがいは非常にありましたが、どうしても歯車感を感じながら働いていました。悩んでいる経営者に向き合い直接お話をお伺いし、その悩みを解決するようなより属人性の高い仕事をしたいと感じるようになりました。それらが実現できる選択肢を探してみたところ、M&A仲介の仕事はオーナー様の悩みを直接聞き、事業承継問題の解決や成長戦略のご支援ができる点や、責任を持って一気通貫で仕事ができる点に魅力を感じて転職を決めました。悩んでいる人のお役に立つことができるという観点であればM&A業界である必要はないという意見もあるかもしれませんが、オーナー様の重要な意思決定に携わることができますし、経済インパクトが非常に大きいという点ではやりがいを強く感じることができる仕事だと考えました。

現在の仕事のやりがいと、前職と比較して大変だと感じる点を教えてください。

現在の仕事のやりがいは、オーナー様のお役に立てているという実感です。後継者不在や成長の鈍化など、困っているオーナー様は想像以上に多いと感じます。オーナー様の重要な悩みをとことんお伺いし、競争や収益性の圧迫などの課題もある中、中堅企業様と組むという手段でそのお悩みを解決することができたという喜びを分かち合うことができた時に非常にやりがいを感じます。また、非常に優秀なオーナー様の人生譚を聞くことで、知識が増えたり刺激を感じたりする点もやりがいがあると感じます。
大変だと感じる業務はやはり営業活動です。現職では0から自分で電話やお手紙で仕事を探し、成約まで導く必要があります。また、監査法人出身の会計士はまだ少数であり、同僚は証券会社や銀行のトップセールスであった方々も多く差を感じることも多いですが、日々技術を盗みながら仕事に取り組んでいます。

会計や監査の経験が活きる場面はありますか。

会社法務や税務財務の知識が活きていると大いに感じます。オーナー様から信頼を得るためには専門的な知識を披露することや、オーナー様がご存じないことをお伝えすることが必要ですが、オーナー様は勉強熱心で事業承継や贈与税などの税金についてもよくご存じですし、M&Aの認知度もあがり、知り合いが経験したというオーナー様も増えています。そういった知識が豊富なオーナー様とディスカッションができるレベルでないと信頼頂けないケースもあると感じます。また、企業評価の計算をする際も滞りなく進めることができます。今後は会計士からM&A業界への転職はメジャーなキャリアになり得るのではないかと考えています。

今後のキャリアビジョンをお聞かせください。

まだ入社して半年ですので、まずは会社内で認められる実績を作ることが目標です。早く社内で認められるようになり、大きなディールを扱い、ナンバーワンになれるよう頑張りたいです。

弊社を利用して良かった点を教えて下さい。

私はほとんど就職活動経験が無く、唯一の新卒の際も独自で調べた程度でした。今回友人からの紹介でヤマトヒューマンキャピタルさんに依頼しましたが、専門的な知識を教えていただきましたし、面接練習までしていただけたので入社確度はかなり変わったと考えています。一般的な就職活動の知識であれば、どのエージェントでもお持ちだと思いますが、担当頂いたコンサルタントの方の情報の質が非常に高く、業界知識や企業の特徴だけでなく、各企業の社長の個性まで教えていただいたので、そのおかげで転職活動がうまくいった面があると思っていますし、転職後のミスマッチも少なく済むのではないでしょうか。エージェントを選ぶ際は、各企業に精通していて生の情報を持っているエージェントを見極めお付き合いすると、後悔のない転職ができるのではないかと思います。

担当コンサルタント

堀江 大介 | Daisuke Horie

ヤマトヒューマンキャピタル株式会社 代表取締役

一般社団法人日本プロ経営者協会 代表理事 公式HP

野村證券、ITスタートアップ、コンサルティング業界専門の人材紹介会社を経て、ヤマトヒューマンキャピタル創業。これまで、同領域に200名以上の方を支援した実績をもつ。
事業承継問題の解決には投資資金に加え「経営人材」を輩出するエコシステムが必要であると考え、一般社団法人日本プロ経営者協会をPEファンドパートナーと共同で設立し、代表理事を務める。

【書籍】
ポストコロナのキャリア戦略 経営×ファイナンス(ロギカ書房)
Amazonキャリアデザイン/資格・就職カテゴリー売れ筋NO.1(2021年1月)


転職相談 / 個別相談のお申込みはこちら
転職相談 / 個別相談のお申込みはこちら
  • - 金融業界出身者をはじめ業界に精通したコンサルタントがキャリアアップを支援
  • - 転職可能な業界を幅広くカバー
  • - 1,000名以上のキャリアアップ支援実績
転職相談 / 個別相談の
お申込みはこちらから

M&A・ファンド業界支援数No.1の選考対策力
オンライン/電話、経歴書類なしで相談可