外資系生命保険会社営業から事業会社経営層候補への転職

外資系生命保険会社営業から事業会社経営層候補への転職

現在、どのような仕事をしていますか?

事業会社にて中古不動産を購入して、エンドのお客様に届けるために新規事業の開発をしています。その仕入れの交渉は、不動産業者様、地主様、そこにお住まいの方に行っています。

これまでの経歴となぜ現在の業界に転職しようと思ったのですか?

大学卒業後、不動産営業2年、外資系生保営業1年半を経験した後に、現職に入社しました。
元々不動産業界で創業したいと考えていたところ、今回の事業承継の求人案件を紹介してもらいました。今まで考えていなかった選択肢に魅力を感じました。元々の会社の関係値で金融機関からの信用も得られている点もメリットだと思いました。

現在の仕事で「ここはこの仕事のやりがいだな」と感じるポイントを教えてください。

営業だけでなく、SDGsの視点で商品化できる点やその貢献度も自分に返ってくる点が魅力的だと感じていて、社会貢献性が高い仕事だと思います。

現在の仕事で「ここはこの仕事の大変なところだな」と感じるポイントを教えてください。

不動産業界は参入障壁が低い業界だけに競合が多いので、自分の勝ち方を見出さないといけないと思います。値決めの部分でも明確な指標がないため、付加価値をつけることもできると思いますので、その知識や市場を読む力も必要だと思います。

現在の仕事でどのような能力が身につくか教えてください。

定量、定性でそれぞれまとめると次のような感じです。

■定量的なスキル
・ファイナンススキル(キャッシュや借り入れの収益バランスを調整するスキル)
・マネジメントサイドに行った場合には人材育成スキル

■定性的なスキル
物を仕入れて、バリューアップして販売して利鞘を得るという一連の業務スキル(商売の原点)

ヤマトヒューマンキャピタルを利用してよかった、あるいは他のエージェントとここが違うなと感じる部分を教えてください。

営業職への理解度が高く、すごく親身になって話を聞いて頂けましたし、日々忙しい中で資料作りなどは結構大変ですが、そのサポートが手厚いので、忙しい人ほど適切なエージェントかと思います。

今後のキャリアプランや仕事の目標を教えてください

直近では、再現性のある営業活動を体現すること(セールスプロセスの構築や検証)で、来年には経営層に入って、マネジメントすることが目標です。

事業承継後の経営層を目指す同志へのメッセージをお願いします

ご自身で創業するのも1つですが、事業承継対策が必要な会社で経営層として会社を引き継ぐことのメリットを考えたら非常に恵まれた環境だと思います。エージェントにあまり良いイメージがない方ほど、転職するしないは置いておいて、一度お話を聞いた方が良いと思います。

担当コンサルタント

小林 賢一郎 | Kenichiro Kobayashi

青山学院大学を卒業後、大日本印刷株式会社にて大手飲料メーカーを担当し、商品の販売促進のための提案型営業に従事。その後、プルデンシャル生命保険株式会社に転職し、企業経営者向けの生命保険の提案営業力を活かし約4,000名中上位4%の成績を残す。経営者との業務経験から事業の盛衰は「人材」による所が大きいと感じ、当社にジョイン。


転職相談 / 個別相談のお申込みはこちら
転職相談 / 個別相談のお申込みはこちら
  • - 金融業界出身者をはじめ業界に精通したコンサルタントがキャリアアップを支援
  • - 転職可能な業界を幅広くカバー
  • - 1,000名以上のキャリアアップ支援実績
転職相談 / 個別相談の
お申込みはこちらから

M&A・ファンド業界支援数No.1の選考対策力
オンライン/電話、経歴書類なしで相談可