Update

異業界(ヘルスケア)からM&Aコンサルタントへのキャリアチェンジを実現された方のキャリアインタビュー

Aさんは、ヤマトヒューマンキャピタルの転職エージェントサービスを活用し、外資系MRからM&Aコンサル会社への転職を実現されました。現在の業務内容と、M&Aコンサルという仕事のやりがいについて聞かせてください。

Aさん 企業価値の査定を含めたM&Aコンサル業務全般をフルで手掛けています。入社前のイメージよりも業務量は圧倒的に多く、業務の幅の広さも尋常ではありません。さまざまな業界のビジネスに関する知識はもとより、不動産、税務をはじめとする膨大な知識を一気に身につける必要がありますし、これらの知識を最大限に活かしながら直面する課題をスピーディに解決に導いていかねばなりません。M&Aコンサルの仕事にまだ慣れておらず、効率よくできていないということもあって、苦労する場面も少なくありませんが、大きなやりがいの感じられる仕事だと思っています。

ヤマトヒューマンキャピタルの転職エージェントサービスを活用してみての感想を聞かせてください。

Aさん 転職活動を始めるにあたって詳細なレクチャーを行っていただき、業界の特徴や業務内容、収入水準についてゼロから教えていただきました。そのうえで前職での経験をいかに生かすという点にフォーカスを当てて、M&Aコンサル会社を何社か紹介していただきました。希望通りの転職ができたので、とても感謝しています。

M&A業界の将来については、どのように見ていらっしゃいますか。また、Aさんの今後のキャリアプランについて聞かせてください。

Aさん 日本におけるM&Aの動きは、今後も加速する一方だと思います。ご高齢のお客さまから「最近流行ってるんでしょう」というお話を伺うこともありますし、M&Aに対する認知度・理解度はかなり高まってきています。また、従来M&Aといえば、清算や廃業を避けるために仕方なく行うものというイメージでしたが、最近はさまざまな経営課題を解決するための積極的な手段というイメージが浸透しつつあると思います。こうした環境の変化が追い風となり、M&A案件がさらに増えていくのは間違いないでしょう。

私自身のキャリアプランとしては、いまの仕事を続ける傍らで、転職後に学んだコンサルの知識やノウハウを生かしながら、個人事業主として、M&Aに関連した新たなビジネスを立ち上げたいと思っています。

最後に、M&Aコンサル業界への転職を志す“未来の同志”へのメッセージ、アドバイスをお願いします。

Aさん これは私が転職を志した最大の理由でもあるのですが、M&Aコンサル業界にはほかでは決して得ることのできない魅力がたくさんあります。初期資本をほとんどかけることなく、また、会社というバックグラウンドに頼ることなく、ゼロから事業を立ち上げるスキルを身につけられるのは、その一例です。敢えていえば、給料をもらいながら、ビジネススクールに通っているような感覚ですね。

ただし、M&Aコンサルという仕事は、外から見て想像しているよりもはるかにタフだと思います。仕事の形態が固定されているわけではなく、案件によって求められる業務やスキルは一つ一つ違うので、つねにいろんなところにアンテナを張り巡らせておかねばなりません。また、さまざまな課題に臨機応変に対応する力も欠かせません。大変な仕事であることは間違いありませんが、相当な覚悟と強靭なメンタルを兼ね備えた人材には、ぜひチャレンジしていただきたいと思っています。


転職相談 / 個別相談のお申込みはこちら
  • - 金融業界出身者をはじめ業界に精通したコンサルタントがキャリアアップを支援
  • - 転職可能な業界を幅広くカバー
  • - 1,000名以上のキャリアアップ支援実績
転職相談 / 個別相談の
お申込みはこちらから