証券会社から税理士法人母体のFAS系コンサルティングファームの<br>M&Aアドバイザリーポジションに転職

証券会社から税理士法人母体のFAS系コンサルティングファームの
M&Aアドバイザリーポジションに転職

——これまでのご経歴と、なぜM&A業界への転職を希望されたのかお聞かせください。

以前は証券会社でリテール営業に従事していました。証券会社では決まった商品があると、最終的には販売すること自体が目的になってしまうような面もありました。実際にノルマもあるため、真にお客さまが求めている商品を提案できるのかという疑問が湧いてきたことも事実です。顧客本位で自分の裁量によって成果を出せる仕事がしたいと思ったことが、転職を考えた動機です。

——現在どのような仕事をされていますか。

M&Aのアドバイザリー業務を行っています。主に事業承継にお悩みの企業オーナー様からの相談を受けて、買い手候補企業の探索からエグゼキューション(一連の事務手続きの実行・管理)、クロージング(取引の完了)に至るM&A仲介業務の全般を手掛けています。ディールサイズは数千万円から50億円程度。業界は特に絞らず、幅広い分野の案件に携わっています。現時点では、入社して間もないため、議事録の作成、M&Aを希望すると考えられる買い手リストの作成、データ入力、IM(売却企業概要書)の基礎部分のみをパワーポイントで作成する仕事などを手がけています。

——現在の仕事でやりがいを感じるポイントを教えてください。

会社を譲渡するにしても、買収するにしても、多額のお金や人員を要し、さまざまな思惑が交錯するため、緊張感のある中で常に仕事ができるところです。その中で仕事をしていると、学習意欲が高まります。M&A仲介においては、標準的な手数料体系が決まっているため、どれだけ素晴らしい提案をして他社との差別化を図るのかが決め手となります。顧客本位で仕事が進められる点も、やりがいがあり楽しい点だと感じています。

——反対に仕事が大変だと感じるポイントについては。

証券会社でリテール営業をしていたため、税務関係や簿記などに関する部分は、現状、ほとんど手が付けられておりません。税務や会計に関する知識や実務を身につけなければ、この先自分が主体となって動くことは難しいと実感しています。自発的に学習しないと追いついていけないと考えます。

——現在の仕事でどのような能力が身につくか教えてください。

M&A仲介においてはさまざまなステークホルダーがいるため、常にその時々の状況を見ながら判断しなければなりません。M&A関連の知識に加え、相手の様子や発言を受け、臨機応変に利害調整を行いながら進行させるマネジメント力が身につくと考えています。

さらに知識面では、財務やM&Aばかりでなく、担当する業界についても精通していなけなければなりません。例えば建築業界なら建築について知識が無ければ、買い手に納得して頂ける提案ができません。病院であれば、許認可についての知識が必要です。私は今、入社して3カ月ですが、M&Aの一連の流れについては把握できるようになってきたように思います。

——ヤマトヒューマンキャピタルを利用してよかった、また他のエージェントとここが違うと感じるという部分があれば教えてください。

ニッチな求人情報があると感じました。御社はM&A、コンサル、ファンドに特化しており、各社のイメージが具体的につかむことができ、貴重な判断材料を提供して頂きました。また、とにかくレスポンスが早かったことは助かりました。

——今後のキャリアプランや仕事の目標を教えてください。

今後3年を目標として、ある程度M&Aに関する一連の流れや知識を身につけ、ソーシングからクロージングまでを一人でこなせるよう努力を続けていきます。50億円、100億円といった案件を自分がメーンの担当になり、クロージングまで手がけられるようになりたいです。この分野でしっかりキャリアを積んでいきたいと考えており、さらなる高みを目指していきたいですね。

——M&A、コンサル業界を目指す同志へのメッセージをお願いします。

元々は、正直に告白しますと、M&Aにそれほど高い関心があった訳ではありませんでした。ところが実際に仕事を始めると、最も自分に一番合う仕事ではないかと思えるくらい、面白くてやりがいがある仕事だと、今では思えるようになりました。

M&A仲介という仕事では、自分がお客さまの間に入ってみると、利害関係者の感情がさまざまに入り混じる場面に直面することもあります。常に刺激的で面白い仕事だと考えております。

実務的な面で申し上げると、現状においては、紙媒体の資料を保存している企業が多いため、入社してから初めのうちは、お客さまから預かった財務諸表や賃金台帳などをエクセルで打ち込むといった、地道な作業はあります。エクセルの関数などは今のうちに学習しておくなりして、多少使いこなせるようになってから入社されたほうが苦労が少ないのではないかと考えます。


転職相談 / 個別相談のお申込みはこちら
転職相談 / キャリア相談のお申込みはこちら
  • - 業界の求人カバー率NO.1/非公開求人多数
  • - M&A、事業再生、PE、VC、事業投資、経営企画の未経験求人多数
  • - 業界未経験者の転職支援人数NO.1
転職相談 / キャリア相談の
お申込みはこちらから