メガバンクから大手M&Aブティックへ転職

メガバンクから大手M&Aブティックへ転職

——現在の業務内容について教えてください。

私は会社の譲渡を検討されている(売り手)企業さまを、主に会計事務所経由で紹介頂き、売り手候補先に譲渡の提案をさせていただく業務を担当しています。

——会社を譲渡しようとしているオーナーさまを発掘するのが仕事ということですか。

はい。会社の譲渡を検討されているお客さまを発掘する手段の一つとして、当社と提携関係にある会計事務所さまから、お客さまをご紹介していただきます。会計事務所さまからは毎年候補先を紹介していただきますので、提携する会計事務所さまは当社にとって有力なルートとなっております。私はもともと売却案件を手がけたいと希望していましたので、自分の希望が叶い、当初やりたかった仕事に就けたと考えています。

——ご経歴と現職に入られた経緯について教えていただけますか。

私は銀行に10年以上在籍し、主に法人営業に従事してきました。現職を転職先として志望した背景として、銀行を取り巻く経営環境が厳しい状況になってきたことがあります。日本経済が低成長期に入り少子高齢化に進み、預かったお金を企業などに貸し出して利ざやを稼ぐという、銀行の伝統的なビジネスが揺らいできたことがありました。このまま10年、20年と銀行が従来型のビジネスを続けていっても、お客さまに本当に役立つ仕事ができるのかと疑問に思い始めていたのです。

将来に不安を抱きながら銀行員として顧客先を回っている中で、事業承継という話が盛んに話題に上るようになってきました。そこで「事業承継型のM&Aというのは今後増えるのではないか」と考えたんですね。そこでM&A専業の仲介会社で一番実績がある、当社を志望することにしました。まだ入社して間もないので、まだまだ勉強中ですが、周りの諸先輩方にもご指導いただきながら、徐々にM&A仲介業務についての動き方が分かってきたという段階です。

——お仕事をされていて、こういう部分が面白いというところはありますか。

やはりM&Aという業務の重さですね。M&Aは売り手企業さまにとってみれば、一生に一度のことになりますから。そこに業務で立ち会えるという経験は、他の業務ではなかなか味わえないと思います。売り手にとっては、残された従業員や顧客のためにも失敗は許されません。私自身はまだ、成約まで至った案件は手がけていませんが、先ごろ譲渡を検討している会社さまとのアドバイザリー契約が取れました。このままM&Aの成立までこぎ着けることができれば、大きな充実感が得られるのではないでしょうか。

——それとは逆に、苦労しているところはどんなところでしょうか。

お客さまを発掘するまでのネットワークをつくり、波に乗るまでには時間がかかると思います。これまでM&A業務を経験していない人であれば、財務などを勉強する必要もあります。とはいえ、お客さまを開拓することが一番難しいところだと感じています。

当社について言えば、銀行のように細かい部分を会社や上司から指摘されることは少ないと感じています。どの社員も前向き協力的な雰囲気をもっていますので、そういったところが当社の強さにつながっていると言えるのではないでしょうか。銀行のように定時に出勤して定時で帰るというような決まりもありません。例えば朝10時にアポイントが入っていれば、会社に寄らずに自宅から直行するということも認められています。スケジュール管理は自分自身で管理することができます。もちろん休暇を取ることは可能です。土日も必要に応じて出勤することはありますが、全然苦ではありません。

——ヤマトヒューマンキャピタルを活用して良かったところについては。

M&A仲介という専門性の高い業種については、自分一人で対策をして受けたとしても、通りづらいと考えます。一般の事業会社などと比べて転職の難易度が高いと思うからです。業界に精通しているプロの方にご相談しないと、能力がある人でもやり方によってはうまくいかないこともあり得ます。御社にご相談していなければ、私も現職に受からなかったのではないかと考えているくらいです。

そして何よりも、ヤマトヒューマンキャピタルさまは、当社の雰囲気やM&A仲介業務などについてよく把握されていました。面接の対策などの面でもアドバイス頂いたことは、本当に助かりました。

——今後のキャリアプランをどう考えますか。

まず、会計事務所ルートで売り案件をしっかり発掘して、まず一人前のコンサルタントになることが、当面の目標です。海外との取引にも興味がありますので、クロスボーダー(国境をまたぐ)案件などで、海外の会計事務所さまを通じて案件の受託などもできればいいと考えています。

——M&Aコンサルタントになりたいという人に向けて、メッセージをお願いします。

M&A仲介の道に進まれるかどうか、迷われている方もたくさんいらっしゃると思います。確かにM&A仲介会社は、成果を出さなければ評価が得られず報酬も上がらないという厳しい面もあります。ただし、集まっている社員は互いに切磋琢磨しながらも、友好的な関係を築いています。「自分にも務まるのか」と躊躇されているのであれば、一回チャレンジしてみても悔いは残らないと思います。それだけM&A仲介という仕事は、価値のある業務だと言えます。


転職相談 / 個別相談のお申込みはこちら
転職相談 / キャリア相談のお申込みはこちら
  • - 業界の求人カバー率NO.1/非公開求人多数
  • - M&A、事業再生、PE、VC、事業投資、経営企画の未経験求人多数
  • - 業界未経験者の転職支援人数NO.1
転職相談 / キャリア相談の
お申込みはこちらから